USBメモリのウイルス感染

USBメモリ

感染ルートになる危険があるUSBメモリ

企業のコンピューターといえば、さまざまな方法で情報セキュリティを考えていかなければいけません。
ですが、利便性も並行して考えていかなければならず、なんでも締め付ければいいというわけにもいかない実情があります。

その一つとして、USBメモリの活用方法があるでしょう。
便利なものであり、活用するべきではありますが、一つ間違えるとウイルス感染のルートになることは、覚えておかなければいけません。

ウイルスに感染するステップ

USBメモリからウイルス感染する仕組みは、2つのステップで成り立っています。
パソコンの中にUSBメモリをターゲットとしたウイルスに感染していると、USBを接続した瞬間にコピーされてしまうのです。
そのUSBを別のパソコンにつないだ瞬間、このウイルスはパソコンへと感染し被害を拡大していくことになります。

非常に簡単な仕組みですが、これほど効果的な感染方法もないでしょう。
そのため、企業によってはUSBメモリの使用も接続も、利便性を犠牲にしてでも禁止しているのです。

セキュリティに穴をあけられる危険性も

USBメモリからのウイルス感染被害は、さまざまなことに波及していきます。
アカウント情報を盗まれたり、メールアドレスを知られたりするだけではなく、セキュリティに穴をあけ、別のウイルスを引き込む手段にされることもあるのです。

特に危険なのは、セキュリティに穴をあけられてしまうことです。
これはUSBメモリに感染するウイルスに限ったことではありませんが、情報セキュリティは外部からの攻撃から守るということを前提にしています。
どんなに強い防壁を作ったとしても、内部から穴をあけ、外部からの攻撃を誘引できるようにされてしまえば、すべてが無効化されてしまうのです。

それも万全のセキュリティだから安全だと思い続け、気がつくことがなく侵入を許し続けてしまいます。
こうした状態を作らないようにするためにも、出所のわからないUSBメモリを使ったり、セキュリティソフトの入っていないPCを外部と接触させたり稼働させたりしないということを徹底しなければいけないのです。