メールに関するセキュリティ

メールは確かに便利だけれども

メールは非常に便利なもので、すでになくすことはできない技術です。
回線がつながるのであれば、距離は関係なく連絡をすることができ、情報共有が可能になります。
しかし、高いリスクも抱えており、そのインパクトは一撃で企業を崩壊させる危険性もあるということを知らなければいけません。

メールが持つリスクは、何よりも情報の漏えいです。
添付ファイルからウイルスに感染し、知らぬ間に情報が漏れていってしまう事件もあります。
こういったウイルスは、自動的に増殖し拡散してしまうことに特徴があり、大きな脅威となってしまうのです。

使用者の教育が重要

ウイルス以外にも、メールは企業を崩壊させる危険があります。
それが、それが利用者の知識の薄さです。

情報を漏えいさせてしまう条件としては、故意に送るものと、うっかり失敗することにわかることができるでしょう。
故意に送る場合には、メールそのものに企業の情報が乗せられていることもありますし、添付ファイルを使うこともあります。
どちらにせよ、利用者のモラルによって左右されてしまうことになるのです。

利用者の知識の薄さということでは、これぐらいは大丈夫であろうという知識レベルの低さが、事故につながってしまうことがあります。
お粗末な行動が、企業に与えるインパクトの大きさを知ることも教育していかなければいけません。

事故の具体例

うっかりとした失敗には、誤送信があります。
意図せずに情報を漏えいしてしまったりすることになりますが、一つ間違えば大事な取引情報や資産情報を漏らす可能性があるのです。
うっかりなどという状況では済まされないことも起きますので、メールをための知識や情報セキュリティポリシーをさだめ、教育を進めていかなければいけないといえるでしょう。

情報を漏らしていることに気が付いていないという、深刻な状態もあります。
こうした状況を防ぐための対応策としては、送信者と受信者の双方で暗号化と複合化する技術を導入する方法です。

暗号化したメールを使い、専用の複合化技術を使うわけですから、誤送信しても読み取ることができません。
しかし、送受信双方に負担をかけることになり、暗号化することができない相手へのメールなどは対策できないことから、あまり普及してはいないのが現状なのです。