無線LAN使用の注意

便利な無線LANの落とし穴

家電製品が家庭にあふれ、インターネットを使うことで便利になるものも増えてきました。
パソコンやスマホ、タブレットまで考えると、インターネットの回線を優先でつないでいてはきりがなくなります。
そこで、無線LANでつなぐ方法をとっているところがほとんどでしょう。

無線LANにすることで、線がなくなるだけではなく、必要な時に素早くつなぐことができるようになりました。
確かに便利な方法ですが、情報が漏えいしたり不正行為を助長したりすることにもなることは、忘れてはいけないことなのです。

誰でもつなぐことができてしまえば

便利な無線LANですが、いったい何が危険なのかを知らなければ対策も立てられません。
優先とは違い、無線LANは誰でも使えないようにパスワードなどを掛けるべきですが、これがなければ電波が届く限り利用することができます。
これが犯罪に使われる危険性は、かなり高いと考えなければいけません。

無線LANは、コンピューターなどと通信機材をつなぐだけではありません。
その家や企業のコンピューター同士がつながっているのであり、逆に入り込むこともできるようになってしまいます。
つまり、無条件に入りこめてしまう可能性があり、個人情報などが抜き取られてしまう可能性も否定できないのです。

それも、無線LANから入りますので、足跡はほぼ見つけることができません。
非常に簡単な方法で入られてしまうのですから、危険性は増大してしまうのです。

無線LANは大変便利な方法です。
簡単に接続することができますし、様々な機器同士をつなぎ、あたかも一つの機会のような感覚にすることもできます。
それだけに、暗号化していたりしていなければ、いとも簡単に犯罪に利用されることになるのです。

便利なものには、どこかに落とし穴がある。
そう考えていかなければ、身を守ることはできないのです。