インターネットバンキングにおける不正送金

不正送金

脅威にさらされるインターネットバンキング

インターネットの普及とともに、銀行口座もオンラインで利用することができるようになってきました。
インターネットバンキングですが、便利になればなるほど、犯罪からも狙われるようになってきます。
それが、不正送金なのです。

不正送金は、利用者が意図しない相手へと送金されてしまう被害になります。
様々な手口がありますので、被害に遭わないように自衛手段を考えておかなければいけません。

フィッシング詐欺でつられてしまうと

インターネットバンキングの不正送金の手口で有名なのは、フィッシング詐欺です。
偽のメールを信じ、本物そっくりに偽造されたホームページにアクセスして、自分自らIDやパスワードを入力、さらに送金までさせてしまう方法になります。
悪意のあるページに誘導さえできてしまえば、あとは自ら入力してくれるのですから、犯罪者にとっては簡単な方法であるといえるでしょう。

フィッシング詐欺の場合には、どんなにパスワードなどに気を付けていたとしても、自分で入力した時点で無効貸してしまうということにあります。
被害に気が付くまで少々時間がかかり、被害が一気に拡大してしまうリスクも考えなければいけないでしょう。

なんだかわからないメールは開けない、添付ファイルは開かないといったことが重要です。
怪しいサイトに関しても、利用しないということを徹底しなければいけません。

ウイルスを仕込まれる危険性

不正送金ウイルを仕込まれてしまうという被害もあります。
いくつかのウイルスが発見されていますが、IDやパスワードを盗み、自動的に送金してしまいます。

特徴としては、インターネットバンキングにアクセスした時点でポップアップを表示させ、IDやパスワードを要求してくる点です。
本来存在しないポップアップで、ここに情報を入れてしまったことで流出することになります。
見知らぬポップアップが出たりした場合には、絶対に入力してはいけません。

対策として取れること

不正送金対策としては、怪しいメールには注意し、ログイン画面が異なっている場合など異変に気がつくことが大切です。
OSやソフトウエアの定義が古いと、ウイルスなどに感染しやすくなりますので、最新の状態にしておくことも必要でしょう。
これは、対策ソフトにも言えることです。

金融機関によっては、ウイルス対策ソフトと共存することができる、不正送金対策ソフトを提供していますので、こうしたものも利用しましょう。
さらに、ワンタイムトークンなど、認証の強度を高める方法もありますので、うまく利用していくことが大切です。